R2 李朝青井戸茶碗

 

李朝初期 15世紀

150mm×68mm

上製桐箱入 木札風呂敷付

¥150,000

 

Ido stoneware teacup for tea party

Early Joseon dynasty (16th century)

 

やや端反りになった典型的な李朝初期の茶碗です。やや赤味を帯びた柔らかな土に、少し長石を含んだ釉薬をかけて焼成しています。見込みの目跡が語るように、手慣れた工人の手によって大量に生産された碗ですが、窯の中で土が変化して赤い斑点が現れ、不純物の入った透明釉が青色を感じさせる焼成になっています。また、高台周辺のヘラ跡には独特の梅花皮模様が現れています。桃山江戸初期であれば「青井戸」として名物になっていたのでしょう。これは1970年代の発掘ですが、その後、使い込まれてシミや貫入が現れ、味わい深く育っています。

李朝青井戸茶碗, 朝鮮美術, Korean Art
古刀匠鐔, Ko-tosho, tsuba
李朝青井戸茶碗, 朝鮮美術, Korean Art
李朝青井戸茶碗, 朝鮮美術, Korean art
李朝青井戸茶碗, 朝鮮美術, Korean art, 焼物, 陶器
李朝青井戸茶碗, 朝鮮美術, Korean art, 陶磁器, 焼き物
P4780355.jpg