R18 李朝堅手茶碗

 

李朝初期 15世紀

128mm×75mm

上製桐箱入 上製唐桟木綿仕覆入 木札風呂敷付

 

¥180,000

 

Bowl with round body and everted lip.

Joseon dynasty (16th century)

 

典型的な李朝初期の碗の形で、このような器形を日本では「真熊川」と呼んでいます。包み込むような柔らかな形で口辺はやや反っていて美しい形です。近世の韓国慶尚南道あたりの発掘であり、味わいはありませんが、磁気質の胎と鉄分を含んだやや青い白磁の色が美しい。口から入ったニュウは当初からのもので、高温になって火を止める朝鮮の焼き物には多く見られます。付属の仕覆は江戸時代に渡った唐桟木綿を使用して近年、制作されたものです。

 

 

 

 

P4780504.jpg
P4780482.jpg
P4780483.jpg
P4780481.jpg