C48 越窯瓜形二連合子

 

北宋 11C

82mm×48mm×53mm

上製桐箱入 木札風呂敷付

 

¥950,000 

Celadon pair gourd style box with cover, Yuezhou ware

Northern Song dynasty (11th century)

 

戦国時代から始まった越窯は五代北宋の時代に最も技術が進み、格調の高い作品を生み出しました。これは二つの瓜を表現した合子です。グレーがかった土で還元焼成され、越窯独特の深みのある青磁に仕上がっています。胎はあくまで薄く彫刻は精緻で当時の、越窯の工人の高い技量を象徴しています。このような造形の陶片は上林湖窯跡から発見されていますが、完全な作品はほとんど見たことがなく、美しいばかりか、たいへん貴重です。