C1 灰陶加彩蛋形壺

 

戦国~漢 BC200前後

270mm×250mm

上製桐箱入 木札風呂敷付

¥120,000

 

Painted oval form jar, gray pottery

Warring States period to Western Han (BC200)

 

これは、玉子を意味する蛋形と呼ばれる器形の壺です。灰陶、黒陶があり高級なものはこのように加彩が施されています。赤と白の文様は戦国期から前漢の漆器に見られるもので、漆器を模した副葬品であることが想像できます。この壺は器形も力強く、加彩もよく残っていて素晴らしい雰囲気を醸し出しています。