JT500 葦雁図鐔

 

銘:九州肥後国遠山 (遠山頼家)

鉄地お多福木瓜形赤銅覆輪 丸耳 江戸初期

81.1mm×77.1mm×耳3.4mm(切羽台4.6mm)

上製桐箱入落込済

「林・神吉」(伊藤満著)所載

¥280,000

 

Yoriie Tohyama. Signed by Kyushu Higokoku Tohyama 

Design of wild goose and reed. 

Late Edo period

Published in "WORKS OF HAYASHI・KAMIYOSHI" by Mitsuru Ito. 

 

「林・神吉」の解説には、「肥後によくある、お多福木瓜形の平地に、毛彫りで葦と落雁を描いている。やや碁石形に造った平地が大きな空間を意識させていて余韻があり好ましい。耳は赤銅の素覆輪であるが、全体を締めている。西垣二代の勘四郎のような作品で、頼家の力量が窺える。銘は共通性があり名前はないが頼家の銘である。」とあります。

遠山鐔は肥後では古くから有名な存在で、林又七と比べられていますが、実際にはまったく違った作風です。頼家と頼次の存在が確認されますが、親子か兄弟かは不明です。この鐔は艶のある鉄地と味わいのある毛彫が魅力的で、頼家の力量が遺憾なく発揮されています。

九州肥後国遠山, 遠山頼家, 肥後鐔, Higo tsuba
九州肥後国遠山, 遠山頼家, 肥後鐔, Higo tsuba
九州肥後国遠山, 遠山頼家, 肥後鐔, Higo tsuba