JM9 隆武面

NEW

銘:明珍宗元 

鉄錆地 江戸時代中期

231mm×174mm×奥行145mm

 

¥360,000

 

Ryubu Menpo armor’s half mask.

Signed by Myochin Munemoto 

Middle Edo period

                            

 

頬の皺がなく、鼻にも段がない烈勢面との中間的な面であり、一見して明珍系の作品であることがわかり、独特のオリジナリティーがあります。まさに沈勇の相形も持つ格調の高い隆武形です。頬には張りがあり、口元の形は美しい表情を作っています。保存状態は最高で鍛抜かれた鉄地の表面は磨地にしていて、ていねいな仕事で、髭も当初のままです。顎下に江戸中期の甲冑師「明珍宗元作」の銘があります。垂は当世風の板物素懸で紺糸威です。朽込もなく最高の保存状態です。

JM9隆武面1.jpg
JM9隆武頬2.JPG
JM9隆武面3.jpg
JM9隆武頬4.JPG
JM9隆武頬5.jpg
JM9隆武面6.jpg
JM9隆武頬7.jpg
JM9隆武頬8.jpg
JM9隆武頬9.jpg